ファシリテーター

北九州でクリエイティブなワークショップ

11月17日(月)に、北九州市小倉にあるFabbit(ファビット)という、とってもオシャレなワークスペースで、「仕事が生まれるコミュニケーションワークショップ」を開催させていただきました。正確には、Kfa(けーふぁ:北九州ファッション協会)の定例勉強会に講師として呼んでいただきました。

 

クリエイティブ・ワークショップのスタイル

Kfaでは今まで講演会式というか、講師がいて事例紹介をする、というスタイルのものしかやったことがなかったそうなので、今回初の試みということで声を掛けていただきました。ファッション協会といいつつも、本当に様々な業種でアンテナ張っている方々が集まっているコミュニティですし、経営者や自営業者も多いとのことでしたので、なおさらワークショップスタイルの方をオススメしました。

 

場所もまたクリエイティブなところ、Fabbit!

2014-1121_4

(画像引用 : Fabbit WEBサイトより)

 

そしてタイトルが「仕事が生まれるコミュニケーションワークショップ」というものになりましたが、前半部分に発想を転換できるような、物理学や遺伝学的な話題提供をさせていただき、その後にワークショップに突入です。

 

・社内でもこのやり方をやってみたい

・本来の社外ネットワーク構築の場になった

・このような場をもっと増やしたい

・新しい自分にも気づけた

・本当に人が繋がるし、仕事が生まれる

 

との声をいただきました。北九州にもこんな場がますます広がれば、人材活性だけでなく、それがまちにも反映されていくと期待します!呼んでいただいた、FM KITAQの社長さんに感謝です。



関連記事

  1. 大学と地域活動の取り組み最前線「自転車問題編」

  2. グローバル人材って?いまの教育に必要な多様性理解とは

  3. 対話型会議を目指そう!組織の生産性を高めるために

  4. 中学生・高校生向けにPDCAサイクルや仮説思考を学ぶプログラム

  5. 福岡のまちについて“話す”という仕事

  6. 福岡を数字・歴史・地図から学ぶ授業

  7. 地域活動と大学教育の最新事例はここまできてる

  8. SDGsオンラインセミナーの講師

福岡の歴史絵本をつくりました