プロフィール

名 前:岩永 真一

働き方:複業家

職 業:コミュニケーション デザイナー

1981年生まれ、福岡市出身。就職氷河期で大学卒業時は内定ゼロで社会に出る。働きながら街のそうじをするボランティア活動を続け、多様な関係性づくりに目覚め2009年に脱サラし独立。現在は複数の組織に所属し、複数の肩書きを持つ複業家(フリーランス)の働き方。行政・企業・大学・NPOの領域を跨いで、人と“何か”を繋ぐことを創る仕事をしている。研修やワークショップ、対話型・体験型イベントの企画・ファシリテーターやコンテンツのプロデュース、経営者コーチング、企業の組織開発支援、SDGs経営実装支援を行う。

(以下、所属・肩書等)
・カエルメディア 代表
・福岡テンジン大学 学長
・WeLove天神協議会 コミュニティWGリーダー
・フリーランス協会 福岡HUBリーダー
・グリーンバード北九州 代表
・(株)スペースRデザイン 10%社員
・夜明の里カメミツ(株) 社外社員
・(株)キナックス・ホールディングス 社外社員
・北九州市立大学 特別講師
・西南学院大学 PBL講師
・福岡市 博物館協議会委員
・福岡市 都市景観審議会委員
・福岡県 働き方改革&地域活性化推進協議会 コーディネーター
・フクリパ(WEBメディア) ライター

コミュニケーションのデザイン?

人と人、人と企業、人と街、に関するあらゆるコミュニケーションをデザインし、関係性をつくり価値を生み出す“つなぐ専門家”です。

人生は社会科見学

紆余曲折あり結果的に、多様な業界、多様な組織、多様な地域、多様な人を知ることができました。それらが学びをもたらし、その学びを多方面に還元することができている感覚があります。今の時代、生き方も働き方も価値観も多種多様、これらを垣間見ることができるのが楽しいと思っています。

背景

内定ゼロで社会に出た僕を育ててくれたのは、福岡のまちで繋がった多様な職業の人たちでした。

福岡市で生まれ育ち、大濠高等学校・福岡大学を経て、2004年の卒業時に内定ゼロで社会に出た就職氷河期世代。広告業界にて営業・企画・ライターを経て2009年に独立、2010年より福岡テンジン大学の学長を務める。

福岡のまちへの恩返しとして、主に天神地区のまちづくりに参画。2012・13年に、福岡市総合計画基本計画審議員を務める。都市の統計データ等が好き。木下斉氏著書「福岡市が地方最強の都市になった理由」の明治から戦後以降の天神における情報提供にて協力。

2017年に福岡の歴史を絵本にするプロジェクトを立ち上げ「のったよ!ふくおかタイムスリップ号」を制作、福岡市内の全ての小学校図書室と各区図書館などに設置した。

具体的には以下の3つの分野に関する仕事をしています。

【ビジネス・マーケティング分野】
経営者の壁打ち・コーチング、SDGsの経営実装支援、組織開発のサポート、人事評価制度や育成のデザイン、マーケティングの全体設計、広報・PRの戦略設計などを行います。行政との取り引きや社会的活動の背景から、ソーシャルマーケターとして新規事業・商品開発・プロジェクトチームの立ち上げなども行っています。販売促進・集客の企画、デザイン・ツール(WEB・紙・イベントなど)制作のプロデュースも行います。
※複数の企業で非常勤社員やコンサルティングをしています。

【教育・人材育成分野】
大学・高校・中学校・小学校での授業やワークショップの開発・ファシリテーター。企業&自治体での研修の講師・講演、人材育成のプログラム開発。対話型イベントの企画、ファシリテーターを行います。専門分野は、リーダーシップ・コミュニケーション・キャリア・地域活動・コミュニティ・まちづくり。福岡の街の歴史や統計データによる「福岡の街」についての講座も行っています。

【まちづくり分野】
コミュニティデザイン、地域での講師、男女共同参画の分野での講師・ファシリテーター、プロジェクトや地域活動の企画・設計など。
・We Love 天神協議会 コミュニティWGリーダー(2015年~現在)
・福岡市総合計画審議会 委員(2012・13年)
・福岡市環境学習・教育政策審議会 委員(2014年・2015年)
・福岡市博物館協議会 委員(2015年~現在)
・福岡市都市景観審議会 委員(2018年~現在)

イノベーティブなひと・まちづくりに向けて、複業を推進しています。

<社会人になってからの略歴>

2004年 NPO法人グリーンバードへ参加
2004年 内定ゼロで大学卒業・広告業界でアルバイト、営業・プランナーへ転職
2005年 福岡打ち水大作戦の運営へ参画
2006年 WeLove天神協議会が設立、ワーキングメンバーとして参画 (~現在)
2009年 サラリーマンを辞め独立しフリーランス
2009年 九州大学・非常勤講師(~2017年)
2010年 福岡テンジン大学を開校
2012年 福岡テンジン大学をNPO法人化
2012年 福岡市 総合計画審議会 委員(~2013年)
2013年 北九州市立大学 特任教員[まなびとESDステーション](~2017年)
2013年 グリーンバード北九州を立ち上げ代表 (~現在)
2014年 福岡市 環境学習・教育政策審議会 委員(~2016年)
2015年 福岡市 博物館協議会 委員 (~現在)
2016年 夜明の里カメミツ(株) 非常勤社員(~現在)
2017年 絵本「のったよ!ふくおかタイムスリップ号」を制作
2017年 NPO法人タウンモービルネットワーク アドバイザー就任(~2018年)
2017年 福岡市科学館コーディネーター(~2018年)
2017年 九州産業大学・商学部「ビジネス入門」 講師
2018年 (株)キナックス・ホールディングス 非常勤社員(~現在)
2018年 (株)スペースRデザイン 複業社員(~現在)
2018年 (社)プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 福岡HUB リーダー(~現在)
2018年 福岡市 都市景観審議会 委員(~現在)
2019年 西南学院大学「課題解決力(PBL)」 講師 (~現在)
2019年 北九州市立大学「キャリアデザイン」講師 (~現在)
2019年 福岡県・働き方改革 地域活性化協議会 コーディネーター (~現在)
2020年 福岡発信WEBメディア「フクリパ」 ライター

メディア掲載

2020年8月23日 [ラジオ] cross fm 出演
2019年12月26日 [TV] NHK福岡-ロクいち 〇%正社員の取材
2019年12月8日 [新聞] 西日本新聞オピニオン欄-コミュニティの可能性探ろう(コラム執筆)
2018年10月12日(金) [ラジオ] cross fm 出演
2018年7月 [書籍] フリーランス&”複”業で働く!完全ガイド(日経MOOK)
2018年7月 [書籍] 福岡市が地方最強の都市になった理由 (協力)
2017年2月24日(金) [雑誌] 大濠新聞NEXUS vol.191
2016年6月21日(火) [テレビ] はっけんTV(NHK福岡) 出演
2015年6月27日(月) [テレビ] ももち浜ストア 出演
2015年5月04日(月) [テレビ] ももち浜ストア 出演
2015年3月31日(火) [雑誌] フォーラム福岡(特別号)
2015年3月30日(月) [テレビ] ももち浜ストア 出演
2015年3月15日(日) [テレビ] J:COM福岡 出演
2014年4月12日(土) [WEB] 現代ビジネス(講談社)
2014年3月20日(木) [WEB] asianbeat/アジアンビート
2014年2月28日(金) [ラジオ] COMI×TEN 出演
2013年11月12日(火) [新聞] 釜山日報(韓国)
2013年9月11日(水) [雑誌] ソトコト10月号
2012年9月07日(金) [新聞] 西日本新聞
2012年3月01日(木) [雑誌] いいね(福岡県民共済・季刊誌)
2012年2月03日(金) [テレビ] NHK福岡「特報フロンティア」ドキュメンタリー
2011年12月02日(金) [テレビ] NHK福岡「熱烈発信!福岡NOW」
2011年11月30日(水) [新聞] 西日本新聞
2011年6月06日(月) [雑誌] コロンブス
2011年3月24日(木) [新聞] 西日本新聞
2010年12月15日(水) [雑誌] ふくじんきょう
2010年9月23日(木) [フリーペーパー] アヴァンティ
2010年8月03日(火) [ラジオ] cross fm
2010年5月14日(金) [ラジオ]天神FM 出演


相談や依頼について

ファシリテーター・講演について

プロデュースの実績等について

お問合せはこちらから

絵本をつくりました

福岡テンジン大学関連

ファシリテーター関連

教育・人材育成のおすすめ

最近の記事

  1. 北九州まなびとESDステーション

    伊勢谷友介さんのコメントにハッとした!稼ぐという価値観が揺らぐ時代
  2. 北九州まなびとESDステーション

    これからの社会変化とキャリアと地域活動を考える授業
  3. 地域・まちづくり

    アルスエレクトロニカがもたらす「ひとづくり・まちづくり」がすごい!
  4. 教育・人材育成

    これから社会に出ていく若者たちに何を教えたらよいのか?
  5. 北九州まなびとESDステーション

    どんな体験がヒトを成長させるのか?
PAGE TOP