SDGs

サンセットライブが愛される理由?

今年も行ってきました!サンセットライブ2015。福岡県糸島市芥屋に3日間かけてライブ会場が現れ、非日常の音楽にあふれた空間に、日本全国からファンが集まりやってきます。

 

 

※写真はサンセットライブHPより

http://www.sunsetlive-info.com/

 

 

サンセットライブはファンが育てたライブ

サンセットライブを始めた、カフェサンセットのオーナーでもある林さんには、テンジン大学の授業で先生をしていただいたこともあり、グリーンバードとしても11年の付き合いになるので、いろいろとお話を聞いております。

 

もともとは林さんがサーフィンを始めて、自分や仲間たちの部室的な拠点欲しさに始めたカフェ・サンセット。そこで1993年からライブを始めたのが「サンセットライブ」。最初は、カフェの駐車場で始めた本当に小さなイベントだったそうです。でも、非日常の空間と音楽とお酒に魅了された人たちにとっては、最高のイベントだったでしょうね。

 

2002年についに芥屋海水浴場に舞台を移しての開催となり、規模がいきなり大きくなりました。この全国的に見るとキレイな海である芥屋海水浴場は、森も山も近くにあり、野外フェスとしての非日常の空間には本当にうってつけ!毎年初めて来た人はだいたい虜になるんじゃないでしょうか(笑)

 

もともとJ-POPくらいしか聞いてなかった僕も、2004年から毎年グリーンバードスタッフとして参加していますが、知らないアーティストばっかりで、でも「あっ、この人の音楽いいなぁ~」という発見があり、またそれが今ではお気に入りのアーティストになっていたりします。そんな偶然の出会いもたくさんあるのが、このライブのいいところでもあります。

 

 

ホンモノのファンたちが運営を担っている

サンセットライブが大好き!この日のために1年間仕事をがんばって連休をとる!なんて人が日本全国にいるわけです。そんなファンをつくり続けてきたサンセットライブの神髄は、実は「運営を担っている人たち」にあると僕は確信します。

 

会場内に入るとわかりますが、CROWと書かれたTシャツを着た運営スタッフがいます。受付・入口・警備・トイレ・舞台裏・設営の装飾、そしてエコブースや清掃など。その多くがボランティアで運営されています。多くのライブや野外イベントでは、ふつうアルバイトのスタッフがいるんですが、サンセットライブには多くの「運営スタッフとして参加したいファン」がいるのです。

 

この、日本全国に愛するファンがいるサンセットライブを、自分が支えている一員になれてる!という充実感を得ることができるのが運営スタッフ。そして、その原点をつくっているのが林さん。もうね、みんな林さんのファンであり、サンセットライブのファンなんですよ。

 

そんな運営スタッフたちが愛し、作り上げているサンセットライブを、参加した人たちが気持ちいいと思わないはずがないじゃないですか!今年もそれを感じることができました。

 

⇒ 意外と知らないサンセットライブの裏側



関連記事

  1. 福岡のDNA~都市には受け継がれる何かがある~

  2. 講座:プロジェクトのつくり方&育て方@西区

  3. 地域活動と大学教育の最新事例はここまできてる

  4. パルコ新館OPEN!から見る流通戦争

  5. 地域づくりの目指すべきは経済も回し人づくりもする「エコシステムの構築」…

  6. 【動画あり】ダイバーシティーは企業やまちの何を変えるのか?

  7. 柳川の観光に一番足りていないものは

  8. 天神打ち水大作戦2017に行ってきました

福岡の歴史絵本をつくりました