働き方・ワークスタイル

複業家としての生き方~本業は自分?~

福岡にある「NPO法人学生ネットワークWAN」という団体、主に福岡の大学生たちが大学の枠を超えて地方創生などの活動をしたり、福岡・九州で活動している社会人の方をゲストにラジオ(という名のYouTube番組)をしたりしています。

そのラジオ番組「FUKUOKA2020」(ビジネスの”生”を聴く、福岡発→拡張型ラジオFUKUOKA2020 毎週木曜日19時から生配信中)に、複業家×福岡テンジン大学の文脈でゲスト出演することに。

ここ1年ほど、上場企業の方々からも「複業」という働き方に関心を持っていろいろ聞いてくださる方が本当に増えてきた感覚です。普通、会社に所属していると1つの組織に所属(そりゃそうだ)し、1つの部署、1つの役割(職業)ですよね。2021年現在、13の肩書(職業?)を持っていることに疑問というより、好奇心を向けてくださる方が増えています。

今回の番組を簡略化してお伝えすると・・・

Q:本業はなんですか?

A:本業は全部です。職業を規定していないので「その仕事やってみたい」「その仕事できるかも」と、常に拡張してきているので、ある意味「職業は自分」です。

みたいな感じです。では約60分あるので、1.3倍速くらいで拝聴するのをオススメします。



関連記事

  1. 独立して9年目!複業というキャリアをふりかえってみた

  2. 社会人6年目に会社員を辞めて独立して7年が経ったのでキャリアを振り返っ…

  3. 複業フリーランス~パラレルキャリアな2018年のふりかえり~

  4. 男性として育児休業を数日間とってみて思ったこと

  5. 絵本を作った、働き方を変えた、2017年をふりかえってみる

  6. 育児世代の短時間勤務のススメ

  7. ボランティアマネジメントという経験の価値

  8. %正社員~人手不足を新しい雇用で乗り越え~

福岡の歴史絵本をつくりました