母校の新聞部「大濠新聞NEXUS」

2017-0228

福岡市の六本松から大濠公園に少し行ったところにある高校に、僕は3年間通っていました。その高校の名は、大濠高校。まぁ男子校ですよ、当時はね。今では中等部もあって、共学にもなって、さらに校舎も経て替わってさぞや違う高校に変貌してるんだろうなぁと思います。

 

彼とは夢チャレンジ大学で出会った!

今回取材してくれた新聞部のTくんは、これよりも2~3年前に知り合っていたんです。彼がまだ中学生のとき、僕が仕事として関わっている中高生・夢チャレンジ大学に受講していたんです。中学生だった彼は「サザエさんが大好きで調べまくってる」というから、僕も「織田信長がいなかったら、サザエさんは誕生してない可能性があるんだよね」と対抗心むき出しの大人げないことを発言したがために、彼が食いついてきてしまいました。

 

それからfacebookで友達になり、彼は中学生でありながら「テンジン大学」にも参加してきたのです。いやぁーすごい行動力!2回くらい来たかなー?そしていつの間にか彼は高校生へと上がり、僕の母校であった大濠高校へ通い始めたのです。そして・・・いきなりメッセージが来て「もうサザエさんじゃないものをやっています」というコメントも挟みつつ、大濠新聞で取材したい!と。

 

もちろん母校ですから、しっかり時間をとってお話をしてきました。取材に来たのは彼を含めて3人、なんと女子がいるんですよ、女子が!!僕が通ってた3年間には1名たりともいなかった女子が!!

 

そんなTくんは、「高校生のくせになんでこんなところ知ってるの?」という学校近くのカフェというより喫茶店というより、コーヒーマスターがいる隠れ家的なお店を指定してきました。

 

大濠新聞NEXUS

詳しく聞いてないのでやや忘れましたが、大濠高校の新聞部は、その行っていることのすごさから全国の高校生の何かの大会で賞をとってます。それくらい高校生というレベルを超えたクオリティの新聞を発行しているのです。というか、写真を見てください。これ、高校生が作ってるんですよ。そして取材された文章も本当によくきれいにまとまって、かつ、わかりやすい!!

 

母校に初めて、何か恩返しできた気分です。と言っても、この新聞はそんなにたくさん流通してないので、どこに行ったら手に入るんだろうか・・・わからない・・・。


岩永真一(福岡テンジン大学・学長)への講師・講演依頼について

プロフィール

講師、講演、ファシリテーターの実績等について

プロデュースの実績等について

お問合せはこちらから