日記

落水洋介という100万人に1人の逸材!

彼と前にあったのは確か3~4年くらい前、福岡市中央区今泉の路地一本入ってすぐのところだった。スーツを着ていたような気がする、そして確かに彼は歩いていた。2016年10月27日、北九州市の黒崎駅で再び彼と再会したとき、車イス(WHILL)に乗っていた。

 

出会いはgreen bird

彼は双子の兄弟で、もう一人の方と最初に出会いました。まぁミスチルの桜井さんに似ていて甘いマスクに、優しい声、明るい性格に盛り上げ上手なイケメン。そんな彼らが双子だと知ったのは、天神でのgreenbirdそうじ活動にて2人がいたとき。瓜二つ!

 

そんな彼らはサッカーが上手かったです。green bird 福岡チームでは当時の代表の木下さんから自分から、皆サッカーをしてきたこともあり、たまにレクリエーションでフットサルやサッカーをしていました。そこへこの双子が登場。めちゃくちゃ上手い。どちらかと言うと落水洋介の方が上手い。僕はMFとして、FWである彼にパスしたり、本当に上手かったので記憶にしっかり残ってます。

 

そう、彼は上手いはず。あのJリーガーで、日本人得点王にもなって今も現役で活躍中の大久保嘉人選手と、中学校時代に3トップを組んでいたそうな。いまだに大久保選手と仲良しのオッチー。そんな大久保選手が今年、とある試合でゴールを決めたときに・・・

2016-1101b

(写真引用:朝日新聞WEBより)

 

 

原発性側索硬化症という珍しい病?

100万人に1人の確率で発症するという難病だそうです。しかも若年性はさらに珍しいようで、彼は僕の1つ下だから今年34歳。まだまだ仕事バリバリで、家庭も持って子育てもしていた30歳を過ぎたころに発症。どんな病気かというと、だんだん身体が動かなくなっていくようです。

 

ちょっと前に「アイスバケツチャレンジ」が流行りましたよね。あれの病名は「筋萎縮性側索硬化症」。それよりかは病気の進行は緩やかだそうなのですが、現在治療法は見つかっていないらしい・・・。

 

車イスに乗った彼は、昔みたいな流暢なしゃべりは今はなく、ゆっくりしゃべっていました。会ったときはとても明るく「今が一番幸せだ」と言います。でもきっと、何にでも夢中に熱くなる彼だっただけに、仕事も、子育ても、絶対悔しい思いをしたはず。それを乗り越えたのか、乗り越えようとしているのか、ステキな笑顔は健在でした。

 

 

「今が幸せ」という彼がはじめた人生の歩き方

オッチーは今、「自分がこうなってしまったことの意味」を自ら見出しています。だからこそ、五体満足な状態はとても幸せだし、いろんなことにチャレンジできるし、いつどこで何が起きるのかわからない!というのが人生、ということを若い世代に伝える活動、教育現場で講演する活動をはじめています。

 

さらに、熊本の震災の復興支援を、彼は積極的に現地に足を運び(もちろん車イスに乗って)、活動をしているのです。

 

まだまだ人前で話すのも始めたばかり、しゃべりもゆっくりになってしまっているけども、彼を応援したい!という人がたくさんいます。それがきっと彼の人徳ですよね。そんな僕も、SNSで彼の状況をずーっと見ていて、なんかできないかなーと思っていた矢先、ようやく再会してお話を聞けました。

 

まずは12月15日に北九州にて、大学生たちの前でしゃべってもらおうと思います。



関連記事

  1. レキシ部(歴史)

    女人禁制の祭りに参加しました

    今から700年前より続くと言われる神聖な祭りが福岡県内にあるのを知って…

  2. プロデュース・マーケティング

    アドテック九州とこれからの広告

    世界11都市で開催される世界最大級のデジタルマーケティングのイベントで…

  3. 働き方・ワークスタイル

    絵本を作った、働き方を変えた、2017年をふりかえってみる

    2017年が終わろうとしている。思えば2016年の暮れだったか、テンジ…

  4. テンジン大学

    女子高生の友達

    あなたには年代の違う友達がどれくらいいますか?テンジン大学というものを…

  5. 地域・まちづくり

    福岡市西区の端“北崎”はリゾートポテンシャルが高い!

    福岡市が昨年(2016年)の6月にとある規制緩和をしました。それは「市…

  6. 日記

    「文章を書く」という仕事

    先月、西日本新聞の朝刊にてコラムを書くというお仕事をいただきました。コ…

絵本をつくりました

福岡テンジン大学関連

ファシリテーター関連

教育・人材育成のおすすめ

最近の記事

  1. ファシリテーター

    これからの「学びの場」で求められる先生やファシリテーターの資質?
  2. 働き方・ワークスタイル

    2016年は新しい働き方と絵本づくりに挑戦
  3. ファシリテーター

    対話が生まれる“場づくり”をどのようにファシリテーションしていくか
  4. 働き方・ワークスタイル

    男性として育児休業を数日間とってみて思ったこと
  5. 社会の動き

    マタハラ・最高裁の判決の話題はどこまで広がってくれる?
PAGE TOP