スポットクリップ(Spotclip)というアプリをつくった会社を訪問してきました

2016-0126s1

自分の住んでいる都道府県を登録すると、近隣で開催される様々な「イベント」をネット上から掻き集めてくれる『スポットクリップ(Spotclip)』というアプリがあるのをご存じでしょうか?僕は知りませんでした。そしてこのアプリを開発した会社が福岡のベンチャーなのです。

 

 

出会いはビズリーチという転職求人サイト

事の発端はテンジン大学を開校した当初に出会った女子大生。この子が就職し、東京へ行ったのですが、なかなかアンテナ感度よく昨年に「ビズリーチが福岡でオフィス立ち上げるので、紹介したいです」と繋いでくれました。

 

ビズリーチとは、管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などのハイクラス人材に特化した、国内最大級の会員制転職サイト。

参照:株式会社ビズリーチ

 

さっそく、ビズリーチ福岡オフィスへ会いに行き、いろいろと情報交換。上にあるように「ハイクラス人材」に特化していて、登録するとわかりますが「求人を出す企業側だけでなく、求人情報を探す求職者側もお金を出す仕組みがある(無料会員だけでなく、有料会員がある)」というサイトです。つまり、それだけレベルの高い「求人情報」があるということ。

 

ビズリーチの中の人に話を聞くと、「ハイクラス人材」は主にヘッドハンティングや人材コンサル、個人個人の繋がりというマーケットが主だったところを、今までになかった仕組みでどんどん実績を伸ばしているとのこと。いろいろ調べるとわかりますが、成長っぷりがすごい。まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。

 

そんなビズリーチ、おもしろそうだったので登録して、それなりに職務経歴書を書いてみたんです。まぁ、本気で転職活動する気はない無料会員なんで、機能がかなり制限されるのですが、なんと初めて「企業側から直接“社長面談”確約のメッセージ」が来たのです。僕の職務経歴を見て、興味を持ってくださったと・・・。

 

 

就職する気はないのに面談の交渉をした結果

実は僕、過去にも似たようなことをしていたのを思い出しました。まだサラリーマン時代、でももう独立することを決心していたとき、「いろんな人に会いに行こう!」と思い、当時転職サイト最大手のリクナビNEXTに登録。福岡地場の会社で、会社規模が小さそうなところから順に求人情報を検索、おもしろそうな企業を片っ端からホームページなど隅々まで見て、「この会社の事業おもしろそう!」という企業に直接問合せをして「会ってください」と図々しくメッセージしていました。結果的に問い合わせた数社全て会ってもらえたので、やってみるもんだなぁとそのとき思ったものです。

 

今回も「こんな働き方をしていて~」「就職する気はないのですが~」ということをちゃんと伝えた上で、何か双方にとってメリットもあるかもしれないし、「会って欲しい」と僕の方からお願いしました。なにしろ、こんな素敵でおもしろいアプリを開発した会社が福岡にあったなんて!そんな人たちに会いたい、話聞いてみたい、というのが一番の理由です。

 

会う前にもいろいろ調べていくんですが、ビズリーチに求人出して「ハイクラス人材」を探しているくらいの会社です。求人出してました、福岡ではかなり高額の月収40万円(年俸480万円)です。すごい、こんな求人福岡で見たことなかったぞ。そしてこれまた知り合いの「福岡移住計画」がやっている「移住系求人サイト“飛梅”」にも掲載が!

飛梅の掲載記事:あらゆるイベントを、すべてのユーザーに。地域情報を紹介するアプリの運営メンバーを募集!

 

社長さん!こんな方なのかー、年齢も近いし、福岡出身!高校卒業後から福岡を出て、起業のタイミングで戻ってきた?的なことがわかります。そして記事の中に、「なぜこのアプリをつくったのか」のキッカケの部分が登場します。

 

「メンバーとの会話の中で、奥さんが近所の施設の子供向けイベントを調べるのが面倒だという話になったのがきっかけです。リサーチしてみると、80%以上の方が週末の予定を立てているのですが、情報収集に不便さを感じていることが分かりました。
そこでプロトタイプとなるアプリを作って、福岡に限定してリリースしてみました。気軽な気持ちでリリースしたのですが、予想以上に活発に利用いただいたので、事業としても成り立つと考えて力を入れて取り組むことにしました。」

 

わかる!!

わかる!!

 

自分も息子を「今週日曜日どこに連れていこうかなー」と何度グーグルに聞いたことか。だいたい「子連れ 遊び」とかのキーワードで検索しちゃうので、イベントではなくスポットしかグーグルは教えてくれないんですけどね。

 

まだプロトタイプ(改良・改善していく前提の模型的なもの)ということで、イベントの精度なんかも上がっていったりエリアも広がっていったり、逆に絞れたりとかできていくと思いますが、見ていると絶対個人ではたどり着けないイベントばかりが出てくるので、「今までアクセスできなかった領域のイベント情報」に出会えた価値は大きいです。

 

 

とりあえず応援したくなる性格なんです

こんな不躾なお願いにも関わらず会っていただき、代表の鳥居さんだけでなく、共同開発した石田さんも同席いただき、いろんな話をしました。テンジン大学が口コミで広まっていってる理由や、どんな人たちが登録している、なんかもお伝えし、興味を持っていただきました。

 

僕も同じ地元福岡で育ったちょっと年上の先輩が、大学入学と同時に東京へ行き、縁あってこの福岡で起業され、そして直接会うことができる。この事実だけでもとても嬉しい気持ちになりまして、なんか一緒にできないかなぁ~の意識を今後も持ち歩きながら、このアプリも活用していこうと思っています。

 

いやぁ~企業訪問、久々にしましたけど本当におもしろい!

結論、人との繋がりは予期できぬ方向にどんどん繋がるということ。

動けば動くだけいろんなものを得られるということ。

 

肝心のスポットクリップ(Spotclip)のホームページはこちらです!

 


岩永真一(福岡テンジン大学・学長)への講師・講演依頼について

プロフィール

講師、講演、ファシリテーターの実績等について

プロデュースの実績等について

お問合せはこちらから