福岡を数字・歴史・地図から学ぶ授業

2015-7-17

ブログを1カ月以上、更新しないというのも理由がありまして、この1カ月は本当にギュギュっといろんなものがスケジュールに押し込まれておりました。ありがたいことに、33年間福岡の街から出たことのない僕なんかに、「福岡のこと、話してください」という相談がちょこちょことやってきます。

 

写真は恒例?のTNC「ももち浜ストア」の、なるほどザ・フクオカ!ということで4回目の出演。今回は糸島の「今」ということで、「移住」がテーマでした。このときは過去3回の歴史(天神・博多・太宰府)ではなく、「今」だったので主に人の紹介でした。

 

歴史と違ってかなり楽ができました(笑)だって、歴史はすべて僕が紹介となると、「間違えられない」ですから!テレビって影響大きいですし、間違ったことを事実でないことを、あたかもあったようにしゃべってしまっては「ウソ」になりますからね・・・責任重大!

 

それにしても、専門家でもない僕にこのような話がここ数年よく舞い込みます。

 

他には~

九州産業大学の経営学部から「まちづくりを学ぶ」というテーマで、3週連続で「福岡」について学ぶ講義を担当させていただきました。ここでは「数字」「歴史」「地図」の3つをテーマに、福岡をどんどん分解してわかりやすく「今の福岡がどのようにして成り立ったか」がわかるようにしました。

 

同じように、我らが福岡のバスと言えば「西鉄バス」の西鉄さん、その社内に「天神委員会」という天神のまちづくりをする横断型部署がありまして、その社員さんたちに「天神学」と題して、「数字」「歴史」「地図」でお話しました。

 

今年、こんなふうに初めて分解して話をするようにスライドも作ってみたんです大好評!今後も要望があれば出向きたいと思います★

 

そんなこんなで、この6月後半からの出張&講演・講義と企画プレゼンがラッシュを迎えて、毎週2本以上のペースだったため、毎晩寝るのが遅くて身体もしんどかったです。

 

ということで、ようやう落ち着き始めてきたので(とは言え、いまだに普段のペースより多いタスクを抱えたまま・・・)、来週の出張3本と講演&ファシリテーター2本を乗り切って、いよいよ8月突入ですね!


岩永真一(福岡テンジン大学・学長)への講師・講演依頼について

プロフィール

講師、講演、ファシリテーターの実績等について

プロデュースの実績等について

お問合せはこちらから