テンジン大学

TNCももち浜ストアに出演しました!

福岡にあるテレビ局:TNC(テレビ西日本)の平日午前中の人気番組「ももち浜ストア」が、この春よりなんと、夕方にも放送しはじめています!!

 

福岡で平日午前中と言えば「ももち浜ストア」がテッパンであるように、平日夕方は「めんたいワイド」(FBS)と「今日感テレビ」(RKB)という2つの番組がテッパンとしてしのぎを削っていました。そこにTNCが「ももち浜ストア」という看板を引っ提げて乗り込んできました!

 

その1発目の放送が3月30日(月)にあったのですが、その毎週月曜日のコーナーである「テッパン!福岡」という、福岡にある鉄板なモノ・コト・ヒトをさらに掘り下げて「こんな魅力があったよ~」みたいなことを紹介するコーナーに出演させていただきました。

 

テッパン!福岡の1発目は“天神”

九州一のショッピング街であり、ファッションの街・消費の街である天神の隠れたスポット・お店・人を紹介する!ということで、そのナビゲーター役としてなぜか僕に白羽の矢が当たったようです。でも、内容としてはほぼ全てテンジン大学の授業で学んだこと!(笑)という。なので、僕より詳しい専門家の方々からそれぞれ教えてもらったことを、まとめて僕が案内しちゃったということになり、おいしいところを持っていってすいません・・・という感じです。

 

案内したところは~

・水鏡天満宮 「天神の地名の由来」

・アクロス福岡横の石垣 「福岡城下町の名残」

・天神中央公園の刑場跡 「福岡藩の処刑場跡だったらしいところ」

・イムズ 「外壁のタイル約155万枚は全て有田焼」

・めがね地蔵 「昔は恋愛成就の待ち合わせ場所だった」

・天神コア 「地下には商店街時代のお店がいまだに」

・新天町の時計台 「今のピエロは2代目」

・新天町の傘屋 「しばた傘店は新天町開業以来続いていて、傘の修理も」

・新天町の刃物屋 「豊勝は新天町出店第1号、刃物のメンテナンスはココ」

・警固神社の足湯 「社務所で100円でタオル購入できます」

 

でした!!

約半日のロケなんですが、わずか15分ほどに編集されていました。テレビへの出演は、NHKやKBCアサデスなど以来3年ぶりでしたが、やっぱりすごく撮影たくさんしても、その中で使えるのって一部なんだなぁ~と。

 

WEB、印刷物、ラジオ、などなど広告などの制作をする仕事もしていますが、やっぱり一番「動画がたいへん」と思います。いくら一般人にスマホが行き渡り、簡単に動画作れるアプリができようと、企画立てて演者がいて照明から音声からカメラまでプロがやっているテレビの世界って、そのクオリティは飛びぬけています!課題は・・・コストがかかりすぎることと、時間がかかることですかね。でも他では絶対に真似できない分野だよなぁと改めて感じました。

 

今後の出演は果たしてあるんでしょうか?(笑)

 

それよりも、この「ももち浜ストア」の夕方版・毎週月曜日のテッパン!福岡のコーナーは、僕も勉強になるので毎週見ようと思います★



関連記事

  1. テンジン大学

    テンジン大学は“どんな使い方”ができると思いますか?

    今年で6周年を迎える福岡テンジン大学、新学期始まって少し経ったのでオー…

  2. テンジン大学

    なぜ、テンジン大学をやるのか?

    テンジン大学のことについて、事例紹介として「講演」の依頼をいただくこと…

  3. レキシ部(歴史)

    福岡にもある、玉砕の戦い

    8月15日、終戦の日。あれから69年だそうですね。今年は「集団的自衛権…

  4. テンジン大学

    福岡を数字・歴史・地図から学ぶ授業

    ブログを1カ月以上、更新しないというのも理由がありまして、この1カ月は…

  5. レキシ部(歴史)

    ドラマ「信長協奏曲」のさりげない視点

    フジテレビ月曜9時のドラマは初の時代劇「信長協奏曲」。見てますか?歴史…

  6. 日記

    柳川の隠れた逸品!有明海の海苔が美味すぎる件

    福岡県の南部、筑後地方に位置する水郷の町“柳川”。北原白秋が幼少期から…

絵本をつくりました

福岡テンジン大学関連

ファシリテーター関連

教育・人材育成のおすすめ

最近の記事

  1. ファシリテーター

    館長から地域コーディネーターへ
  2. 福岡ごまさば部

    福岡でしか作られていないアジスモークが美味い
  3. ファシリテーター

    “場”をデザインできるファシリテーターの仕事を請けられるようになるには?
  4. 働き方・ワークスタイル

    複業フリーランス~パラレルキャリアな2018年のふりかえり~
  5. ファシリテーター

    ファシリテーターとしての“学びの場”のつくり方
PAGE TOP