北九州まなびとESDステーション

新潟はやっぱり酒どころだった!

2月26日(木)・27日(金)に新潟へ出張に行ってきたときに、やっぱり楽しみにしていたのがコレ!新潟と言えば「日本酒」ですよね~。26日夜に、新潟の大学の先生方に連れていってもらったのがこの「さい三郎」というお店でした。ここで岡山大学・長崎大学の先生・職員と僕と、そして新潟の複数の大学の先生との交流会でした!

※26日(木)に開催された産業界GPに関する記事はこちら

どんな体験がヒトを成長させるのか?

 

新潟人も福岡人と同じく酒好き?

まず、新潟空港に到着して1時間以内にこれをいきなりポンと渡されました。

15-0304_2

確かに事前に「日本酒が楽しみです」とは伝えていたんですが・・・(笑)

 

打ち合わせのときも、タイムスケジュールの確認とかで「夜の懇親会に間に合えば~」「そこは大事でしょう」などのワードも飛び交っていて、なんか福岡人と同じニオイがプンプンでした。

 

ちなみに調べてみたところ、新潟県は「日本酒の消費量/1人当たり」は年間15.63リットルで47都道府県中、堂々の1位。2位の秋田県11.81リットルを大きく引き離す圧勝です。(国税庁統計情報:2009年)

 

ちなみに福岡県は5リットル代で40位と下位です。一応福岡県も米どころで、日本酒メーカー多い地なんですけどね、確かに飲み会で日本酒飲んでる人は少数派ですもんね。

 

冒頭の写真、居酒屋の「さい三郎」は、どこの街にもありそうなサラリーマンのおじさんたちが好きそうな居酒屋で、2階が座敷になっているんですが、ものすごく人気なお店だそうで、2階の座敷はすぐ予約で埋まってしまって取れないそうな。

 

その2階の座敷の壁で輝いていたポスターがこちら!!

15-0304_4

いやぁ、知らなかった日本酒がこうやって番付化されると、「これ飲んでみよう!」という気になります(笑) そうそう、いただいた〆張鶴って横綱なんですね。

 

店員のおばちゃんに「ここに載ってるお酒って全部置いてるんですか?」と聞いたら、数秒の間があって「はい、あります」と。さすがです、さすが新潟です。この日の幹事の方も「このお店ではずしたら、どこに連れていけば良いか、他にお店はない」と言い切ったくらいあります!

 

新潟駅にある「ぽんしゅ館」

ちなみに・・・今回の新潟出張で、自分用と実家用に「現地の日本酒をいろいろ買いたい」という裏テーマがありまして、新潟駅にある県下の酒造メーカーの多くの商品がある「ぽんしゅ館」に連れていってもらいました。もうわけがわかならいくらいの種類の日本酒が並んでいました。

 

15-0304_5

もちろん宅急便で自宅宛に送ります。それが福岡に帰ってきてから届いたので、並べてみました。新潟の人にどれが飲みやすくて、よく飲まれているか、などなどヒアリングしながら購入したので、これから自宅での晩酌が楽しみです!

 



関連記事

  1. 働き方・ワークスタイル

    独立して9年目!複業というキャリアをふりかえってみた

    大学を卒業して社会に出る前に、就職活動をして内定をゲットする。大多数の…

  2. 日記

    佐賀の大幸園の川魚料理は、福岡からの大人の贅沢ドライブにピッタリ!

    佐賀県の佐賀平野を望む、九州自動車道がそばを通る山の中腹に「川魚のコー…

  3. 日記

    スポットクリップ(Spotclip)というアプリをつくった会社を訪問してきました

    自分の住んでいる都道府県を登録すると、近隣で開催される様々な「イベント…

  4. テンジン大学

    TNCももち浜ストアに出演しました2回目!

    3月30日(月)のTNC「ももち浜ストア・夕方版」に出演したときは、天…

  5. 北九州まなびとESDステーション

    どんな体験がヒトを成長させるのか?

    2月26日・27日とホンモノの大学の特任教員をしている仕事として、新潟…

  6. 北九州まなびとESDステーション

    地域活動と大学教育の最新事例はここまできてる

    北九州市立大学の地域創生学群(という学部)は、地域活動を教育プログラム…

絵本をつくりました

福岡テンジン大学関連

ファシリテーター関連

教育・人材育成のおすすめ

最近の記事

  1. 教育・人材育成

    リーダーシップ開発にはどのような実践が必要か?
  2. ファシリテーター

    ワールドカフェをやろう!ファシリテーターを増やそう!
  3. 社会の動き

    人材採用の方法?ネットワーク力が中小企業の未来を左右する
  4. DIY不動産

    DIYリノベ~賃貸不動産の持続可能なビジネスモデル~
  5. 教育・人材育成

    これから消える仕事・生まれる仕事
PAGE TOP